「働かずに収入を得ることができたら良いなあ…。」

誰しも、一度は思ったことがあると思います。

実は、ネットビジネスの場合、ほぼ働かずに収入を得ることが可能となります。

ですが、これだけを聞くと「本当なの?」と思う方が大半でしょう。

そこで本記事では、ネットビジネスで働かずに収入を得ることができる理由を説明します。

なお、説明にあたっては、以下の要素に分けて、話を進めたいと思います。

  • 働かずに済む理由
  • 収入を得ることが出来る理由

働かずに済む理由

まず、ネットビジネスでは、なぜ働かずに済むようになるのかを説明します。

その理由は、あなたが行う作業を、あなた以外のものが実行してくれるからです。

具体的には、次のようなものがあります。

作業を自動化できるツールが豊富

まず、ネットビジネスでは、作業を自動化するツールが豊富にあることが挙げられます。

例えば、メール対応について考えてみましょう。

お客さんから、ある商品を購入したいと注文が入ったとします。

ここで、あなたがメール対応を行えば、あなたは働く必要が出てきます。

一方、ツールを使い、注文を受けたら自動返信する設定にすれば、働かずに済みます。

つまり、こうした自動化ツールを利用することで、あなたが働かずに済むわけです。

同様に、決済についても考えてみましょう。

実店舗だと、レジで働く方がいますよね。

この場合、お金や商品の受け渡しが必要になり、労働が発生します。

一方、オンラインでクレジットカード決済のシステムを導入するとどうでしょう。

お客さんはクレジットカードの番号を入力します。

すると、自動的に決済が完了します。

更に、デジタルコンテンツなら、商品もすぐに提供できます。

こうすることで、レジ係に相当する労働が無くなりました。

ネットビジネスでは、人が行う労働を、ツールが自動で行ってくれるわけですね。

コンテンツが分身として働く

また、過去に蓄積したコンテンツが、自分の分身として働くという面もあります。

例えば、馴染み深いものだと、YouTubeが挙げられるでしょう。

よく、面白いYouTuberの動画などがアップされていますよね。

視聴者は、その動画を見て楽しませてもらっています。

しかし、視聴者がYouTubeを見ている間、YouTuberが活動しているとは限りません。

視聴者が見ているのは、YouTuberの過去のコンテンツ、いわば彼らの分身です。

一度、動画を撮影すれば、その後にどれだけ再生されても、働かずに済みます。

また、ブログについても同じことが言えます。

今、あなたは、こうして私の文章を読んでいますよね。

けれども、今、この瞬間に、私が手を動かしているわけではありません。

過去に書いた記事が、私に代わって、あなたに説明しているようなものです。

ネットビジネスでは、蓄積したコンテンツを、多くの人に見てもらえます。

そして蓄積したコンテンツは、自分が休んでいても、代わりに働いてくれます。

だから、一度、コンテンツを作れば、後は働かずに済むことが可能になります。

労働力の購入でレバレッジが利く

また、労働力を購入することで、あなた自身が働かずに済むという面もあります。

例えば、あなたが1時間かかる作業を、他の誰かに1000円で依頼したとします。

そうすると、1000円の出費ではありますが、1時間の時間が浮きますよね。

浮いた1時間で、1000円以上の利益を上げれば、結果としてはプラスになります。

このように、資金を投じることで、効率よく利益を上げることが可能となります。

ちなみに、この考え方は、テコの原理になぞらえてレバレッジ(Leverage)と言われます。

小さい力で大きなものを動かすがごとく、資金を投じ、より大きい利益を回収するのです。

もっとも、レバレッジの考え方は、ネットビジネス以外のビジネスでも出てきます。

ですが、ネットビジネスでは、レバレッジを利かせるサービスが使いやすいです。

例えば、スキルマーケット(例:ココナラ )等では、初心者でも簡単に仕事を依頼できます。

資金を使うことで、あなたが働かずに済む状況を作れる、というわけです。

収入を得られる理由

ここまで、働かずに済む理由を説明してきました。

しかし、働かずに済むとはいえ、本当に収入を得られるのかという疑問は残るでしょう。

もちろん、働かずに済む工夫を凝らすだけでは、収入は得られません。

ネットビジネスで収入を得る場合、「仕組みを作る」という考え方が重要になります。

収入を得られる仕組みを構築できる

ネットビジネスの中には、働いて収入を得るタイプのものも存在します。

一方で、収益を上げるための一連の流れを構築し、それを自動で行うものも存在します。

このような流れを構築することは、よく「仕組みを作る」などと言われます。

この「仕組み」は、おおよそ次のステップから成り立ちます。

  1. 集客:お客さんを集める
  2. 育成:お客さんが商品を購入したくなるように育てる
  3. 販売:商品を販売する

そして、先述の通り、ネットビジネスでは、自動化のためのツールが豊富にあります。

ですので、この一連の流れをツールで自動化すれば、収益を上げられるわけです。

もっとも、この仕組みを構築するまでが大変ですけれどね。

しかし、一度、上手く回る仕組みを構築すれば、働かずに収入を得ることも可能となります。

あわせて読みたい

まとめ

以上、ネットビジネスで、働かずに収入を得ることができる理由を解説しました。

特に、仕組みを作り、自動化できるのは、ネットビジネスの特長といえるでしょう。

また、この仕組みを構築するスキル自体は汎用的なものです。

様々なビジネスに応用が利きます。

例えば、自分の趣味を仕事にするなんてことも可能です。

こういう部分に魅力を感じるのも、私がネットビジネスに取り組む理由の1つです。

上手くいくまでは大変かもしれませんが、取り組む価値はあると思いますよ。

以下のメルマガでは、ネットビジネスで自由になるための情報をお伝えしています。

ストレスフルな毎日から解放されたい方は必見ですよ。

こんな記事も読まれています