本記事では WordPress バックアップ用のプラグイン、UpdraftPlus の使い方を解説します。

なお、UpdraftPlus はインストールしてある前提です。

インストールがまだの方は、こちらを参考に、インストールしてください。

内容は次の通りです。

まず、保存先を設定方法を解説します。

そして、その保存先にバックアップを作成する方法を解説します。

バックアップの方法は、手動と自動の2種類を扱います。

それでは、詳しく見ていきましょう。

UpdraftPlusの使い方:バックアップ先の指定(Google Drive)

最初に、WordPressで使用しているファイルを、どこにバックアップするか指定します。

今回は、Google Drive をバックアップ先に指定する場合を扱います。

UpdraftPlusの設定を開く

まず、UpdraftPlus の設定画面を開きます。

「ダッシュボード」の「プラグイン」をクリックし、プラグインを一覧表示します。

そして、「UpdraftPlus - Backup/Restore」 の「設定」をクリックしましょう。

UpdraftPlusの使い方 手順1 プラグイン一覧
出典:Wordpress管理画面よりスクリーンショットを取得。赤線・モザイクは筆者による。

バックアップ先の指定

UpdraftPlusの設定画面が表示されます。

「設定」タブをクリックし、次の手順に従い、Google Drive をバックアップ先とします。

UpdraftPlusの使い方 手順2 バックアップ先にGoogle Drive を指定
出典:UpdraftPlus設定画面のスクリーンショットを取得。赤線・モザイクは筆者による。

「保存先を選択」で Google Driveを選ぶ

「保存先を選択」で「Google Drive」をクリックします。

変更を保存

一度、一番下までスクロールし、「変更を保存」をクリックします。

Google Drive アカウントへのアクセスを許可

以上の手順で、バックアップ先に Google Drive を指定できました。

次は、Google Drive のアクセスを許可しましょう。

認証用リンクをクリック

以下のような認証用リンクが表示されますので、クリックしてください。

" Follow this link to authorize access to your Google Drive account (you will not be able to backup to Google Drive without it). "

意味は、「あなたのGoogle Driveへのアクセスを許可するため、このリンクをたどってください(これを行わずにGoogle Drive にバックアップすることは出来ません)。」といったところです。

あるいは、「Google で認証」の項目にある、次のリンクをクリックします。

「下にある「変更を保存」をクリックしたでここに戻り、このリンクに従って Google Drive での認証を完了してください。」

Google アカウントへログイン

認証リンクをクリックすると、Google アカウントへのログイン画面が表示されます。

利用したい Google Drive のアカウントでログインしましょう。

UpdraftPlusの使い方 手順3 Googleへのログイン
出典:UpdraftPlus設定画面(Google)のスクリーンショットを取得。赤線・モザイクは筆者による。

UpdraftPlus に Google Drive へのアクセスを許可

ログインすると、アクセス許可を求められます。

「許可」をクリックし、UpdrafrPlus が Google Drive へアクセスすることを許可します。

UpdraftPlusの使い方 手順4 UpdraftPlusへのアクセス許可
出典:UpdraftPlus設定画面(Google)のスクリーンショットを取得。赤線・モザイクは筆者による。

UpdraftPlusの設定ページへ

すると、以下のページが表示されます。

ページ下部の「Complete setup(セットアップ完了)」をクリックします。

UpdraftPlusの使い方 手順5 UpdraftPlusのページ
出典:UpdraftPlus設定画面(UpdraftPlus)のスクリーンショットを取得。赤線・モザイクは筆者による。

認証完了

以上で、認証作業は完了です。

上手く行けば、「成功:Google Drive アカウントを認証しました」と表示されます。

UpdraftPlusの使い方 手順6 Google Drive アカウントの認証完了
出典:UpdraftPlus設定画面のスクリーンショットを取得。赤線・モザイクは筆者による。

なお、バックアップでは、Google Drive に「UpdraftPlus」というフォルダが作られます。

そして、そのフォルダへ WordPress のファイルがバックアップされます。

UpdraftPlusの使い方:手動バックアップ

バックアップの保存先を設定したら、早速バックアップしてみましょう。

まずは、手動によるバックアップの手順を解説します。

UpdraftPlusの使い方 手順7 手動バックアップ
出典:UpdraftPlus設定画面のスクリーンショットを取得。赤線・モザイクは筆者による。

「バックアップ/復元」を開く

UpdraftPlus の設定画面にある「バックアップ/復元」タブをクリックします。

「今すぐバックアップ」をクリック

「今すぐバックアップ」のボタンがあるので、それをクリックします。

すると、以下のようなポップアップが出ます。

基本的に、何も変更せず、上3つにチェックが付いた状態で続行すれば大丈夫です。

「今すぐバックアップ」をクリックしましょう。

UpdraftPlusの使い方 手順8 ポップアップ画面
出典:UpdraftPlus設定画面のスクリーンショットを取得。赤線・モザイクは筆者による。

バックアップ完了

以上の操作で、バックアップが開始されます。

バックアップが完了したら、「最後のログメッセージ」に成功したことが表示されます。

また、「既存のバックアップ」の部分で、保存したバックアップも確認できます。

UpdraftPlusの使い方:自動バックアップ

次に、自動でバックアップを保存する方法を説明します。

いちいち手動でバックアップを取るのは面倒だと思います。

ですので、自動バックアップのスケジュールを設定しておきましょう。

UpdraftPlusの使い方 手順9 自動バックアップのスケジュール設定画面
出典:UpdraftPlus設定画面のスクリーンショットを取得。赤線・モザイクは筆者による。

「設定」タブを開く

UpdraftPlusの設定画面にある「設定」タブをクリックします。

基本的には、以下の2箇所だけ設定しておけば問題ないでしょう。

ファイルバックアップのスケジュールを設定

ここでは、ファイル(画像・テーマ・プラグイン)のバックアップをスケジュールします。

設定できるのは、以下の2項目です。

バックアップの頻度
どのくらいの間隔でバックアップするかを設定します。
私は「毎日」に設定しています。

残しておくバックアップの数
バックアップはいくつも作ると容量を圧迫します。
ですので、古いものは自動的に消えていきます。
私は、新しい方から2つ残す設定にしています。

データベースバックアップのスケジュールを設定

ここでは、データベース(投稿記事など)のバックアップをスケジュールします。

ファイルのバックアップと同じく、バックアップ頻度と保存数を選びましょう。

「変更を保存」をクリック

最後に、スケジュールの設定が完了したら、「変更を保存」をクリックします。

これで、自動的にバックアップを保存してくれます。

終わりに

以上、WordPress バックアップ用のプラグイン、UpdraftPlus の使い方でした。

WordPress のアップデート前やプラグインの導入前など、バックアップの機会は多いです。

UpdraftPlus で手軽にバックアップできる体制を整え、万が一に備えたいですね。

以下のメルマガでは、ネットビジネスで自由になるための情報をお伝えしています。

ストレスフルな毎日から解放されたい方は必見ですよ。

こんな記事も読まれています