どうしても行動できないことってありますよね。

行動したいと思ってはいる。

でも、どうしても行動できない。

これはとても苦しい状況だと思います。

私も、完璧主義的な性格なので、行動できないつらさはよく分かります。

そこで、本記事では、行動できない理由と解決策をお伝えしたいと思います。

私の経験的に、行動できないときは、次の2パターンに当てはまることが多いです。

  1. やることが分かっていない
  2. やることが分かっているが、やるのが怖い

では、もう少し詳しく見ていきましょう。

行動できない理由1:やることが分かっていない

まず、そもそもやることが具体的に分かっていないパターンです。

頭では「行動しなきゃ」と思っています。

そして、行動する気もあります。

でも、何から手を付けていいか分からないので行動できないわけです。

この場合は、次のようにすると、行動できるようになります。

【解決策-手順1】何をする必要があるのかを書き出す。

やるべきことが分からなければ、最初に取り組むべきことは「やることの把握」です。

必要となるであろう具体的な作業を、片っ端からリストアップします。

具体的な作業が思いつかない場合は、ネット等で調べましょう。

【解決策-手順2】実行する手順のリストにする

次に、書き出したタスクを、実行する順番に並び替えます。

実行する手順のリストを作成するわけですね。

リスト化した段階では、細かい作業がわからないものもあるかもしれません。

そのような場合は、差し当たりは保留にしておけば良いでしょう。

それよりも、最初に手を付ける作業を、できるだけ具体化することが大事です。

【解決策-手順3】リストを上から順にこなす

最後に、リストを見ながら、実行すべきタスクを順に処理します。

もちろん、実行していると、途中で手が止まることがあるでしょう。

その場合は、そこで再び計画を立てます。

進めるための情報が不足していれば、必要な情報を調べて集めましょう。

  1. 大まかな計画を立てる。
  2. 直近で着手するタスクをより具体化する。
  3. タスクを実行する。
  4. 途中で止まったら、必要な情報を集める。
  5. そしてまた計画する。(=1に戻る)

この繰り返しで、行動できない状態を脱することができます。

行動できない理由2:行動するのが怖い

次のパターンは、やることは分かっているが、やるのが怖いパターンです。

心理的な抵抗がある、という感じでしょうか。

この場合は、無理やり進めようとしても、途中で手が止まることが多いです。

ですので、まず、自分が何を恐れているのか、理解することが大事です。

以下に、実際に私がよく経験した例を2つ示しておきます。

例1:時間を無駄にしたらどうしよう

例えば、私の場合、ネットビジネスをやり始めるのを長い間ためらっていました。

理由は「長期間やっても結果が出ず、時間を無駄にする」ことが怖かったためです。

実際に、ブログの場合、記事を書き続けても、数ヶ月はアクセスが来ません。

そうすると、今までやってきたことは意味がなかったのではないかと感じます。

でも、やったらやったで得られるものがあるのも事実なんですよね。

実際に、記事を書くための操作や、書き方のコツなど、やる中で分かることも多いです。

知識が、やっていく中で得た経験と、上手くつながるんですよね。

問題は、やり始める段階で、失うものは見えても、得られるものが見えにくいことです。

だから、意識的に「行動したら本当に失うだけなのか?」と自問してみると良いでしょう。

そうすれば、行動して得られるものに気がつけます。

同時に、行動しないことで、それらを得る機会を失うことも分かるはずです

例2:全て分かってからやりたい(完璧主義)

「分からないのが不安だから、完璧に分かってからやろう。」

いわゆる完璧主義的な考えも、行動できない方に多いのではないでしょうか。

私も、割と完璧主義的なところがあります。

ですので、こういう場合の思考回路は何となく想像がつきます。

私の場合、自分が最善を尽くせなかった結果が悪いと、嫌な気分になります。

「完璧に準備しておけば、こんな結果にはならなかったはずなのに。」

そうやって後悔するのを恐れるために、「全部やってから」と思うのでしょう。

この場合、私なりの解決策は、「まだ準備段階」と考える、というものです。

これはどういうことか、もう少し詳しく説明します。

例えば、月に100万円を稼ぐ、という目標があるとしましょう。

完璧主義の場合、月収100万円までの全貌が見えないと、行動に移りません。

それは、「行動している最中は、既に本番だ」という意識が強すぎるからです。

手を動かさずに、調べれば済む段階が「準備」。

実際に、行動に移す段階は「本番」。

だから、行動に移った後の結果は、全て本番の結果。

そこで出てきた悪い結果は全て失敗。

失敗することは許されない。

こういう風に捉えてしまうと、すごくプレッシャーがかかりますよね。

だから、自分の思った結果が出るまでは、全て「準備」だと思うことにしています。

そうすれば、実際に動く中で得られた結果も、失敗ではなくなります。

「こうすれば、こういう結果が出る」という一種のデータになります。

「今はまだ、データ集めのために実験していたに過ぎない。」

「今後の方向性を探るために、必要なデータを集めていただけだ。」

そう考えるんです。

そして、良い結果が出たときには、それが本番だったと思えば良いんです。

(もちろん、上手く行った要因は分析すべきですが。)

私は、完璧主義そのものをやめる必要はないと思っています。

実際に、緻密で、完成度の高い仕事ができるのは、完璧主義の良さでもあります。

この完璧主義の考え方はそのままに、「本番」の捉え方を変えてみましょう。

そうすれば、少し気楽になり、「行動できない」状態から抜けやすくなります。

終わりに:行動できない理由を理解して動き出そう

以上、行動できない理由と解決策を、私の経験を踏まえて解説しました。

どうしても行動できない状態は、人によってはかなり苦しいものです。

行動できない状態から脱するには、まずは、自分の現状を理解しましょう。

そして、自分にできる小さいことからで構わないので、ぜひ行動してみてください。

以下のメルマガでは、ネットビジネスで自由になるための情報をお伝えしています。

ストレスフルな毎日から解放されたい方は必見ですよ。

こんな記事も読まれています