この記事では、「ラッコキーワード」の使い方を解説します(解説はこちら)。

ブログ等のキーワード選定に使えるツールで、私もよく利用しています。

この記事を読んで、ぜひ使えるようにしましょう。

ラッコキーワードとは

ラッコキーワードとは、検索される頻度の高いキーワードを一括取得できるツールです。

このツールを使うことで、キーワード選定を効率よく行えます。

ただし、検索ボリューム(検索数)は知ることができません。

検索ボリュームを知りたい方は、Googleキーワードプランナー等を併用しましょう。

(キーワードプランナーの使い方はこちらの記事を参照。)


ラッコキーワード(ラッコID)への登録

ラッコキーワードを使用する場合、ラッコIDに登録しておくと便利です。

未登録だと検索回数が20回までですが、登録すると何回でも検索できるようになります。

登録方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

ラッコキーワードの使い方

登録を終えたら、ラッコキーワードを使ってみましょう。

基本的な使い方は、次の通りです。

  1. キーワードを入力し、関連キーワードを取得する(解説へ)。
  2. 取得したキーワードのうち、見たいものを表示する(解説へ)。
  3. キーワードをコピー(またはCSV出力)して利用する(解説へ)。

では、詳細に移ります。

トップページへアクセス

まず、ラッコキーワードのトップページへアクセスします。

ラッコキーワード

アクセスすると、次のような画面が出てきます。

ラッコキーワードのトップページ
出典:ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))よりスクリーンショットを取得。赤線は筆者。

キーワードを入力して検索

トップページの検索窓にキーワードを入力します(例:ブログ)。

そして、検索窓の右横にある検索ボタンをクリックします。

ラッコキーワード 検索窓

検索結果の見方

検索ボタンを押すと、キーワードが一覧表示されます。

ラッコキーワード 検索結果 Googleサジェスト

また、左側のメニューから、次の4パターンに表示形式を切り替えられます。

  1. サジェストを見る
  2. Q&Aを見る
  3. Googleトレンドを見る
  4. 周辺語・連想語を見る
  5. 類語・同義語を見る
ラッコキーワード 検索結果の表示項目一覧
出典:ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))よりスクリーンショットを取得。赤線は筆者。

検索結果で表示されたキーワード一覧は、そのままコピーできます。

また、CSVと呼ばれるファイル形式でのダウンロードもできます。

ラッコキーワードの使い方(キーワードのコピー・CSVダウンロード)
出典:ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))よりスクリーンショットを取得。赤線は筆者。

サジェストを見る(よく使う)

「サジェストを見る」では、各検索エンジンで提案(suggest)されるキーワードを見れます。

(このキーワードをサジェストキーワードといいます。)

検索結果の中で、最も参照する機会が多いですね。

調査対象となる検索エンジンは、次の通りです。

  • Google :広く使用されている検索エンジンです。
  • Bing :使用者の年齢層が高い検索エンジンです。
  • YouTube :YouTube動画の検索エンジンです。
  • Google動画 :Googleの動画検索の検索エンジンです。
  • Amazon :Amazonの検索エンジンです。
  • 楽天 :楽天の検索エンジンです。
  • Googleショッピング :Googleの価格検索サービスの検索エンジンです。
  • Google画像 :Googleの画像検索の検索エンジンです。

結果は、次のような見出しとともに表示されます。

「(キーワード)」の見出し
そのキーワードのみを打ち込んだ場合のサジェストキーワードが表示されます。
(以前は「プレーン」と表示されていたようです。)

ラッコキーワードの検索結果 キーワードのみの見出し

「(キーワード)+(文字)」の見出し
キーワードの後に、その文字を打ち込んだ場合のサジェストキーワードが表示されます。

ラッコキーワードの検索結果の見方 キーワード+文字の見出し

キーワードの右側にあるマークの意味は次の通りです。

  • 左側:そのキーワードをラッコキーワードで検索(検索結果は新しいタブで表示)
  • 右側:そのキーワードをGoogleで検索(検索結果は新しいタブで表示)
ラッコキーワード 検索結果の見方 キーワード横のマークの説明
出典:ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))よりスクリーンショットを取得。赤線は筆者。

検索エンジンを切り替えたいときは、上部に並んだボタンを押しましょう。

ラッコキーワード 検索結果の表示切り替えボタン
出典:ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))よりスクリーンショットを取得。赤線は筆者。

マルチサジェストでは、全検索エンジンの「(キーワード)」部分を一括表示できます。

ラッコキーワード 検索結果 マルチサジェスト
出典:ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))よりスクリーンショットを取得。赤線は筆者。

Q&Aを見る

以下の2つのQ&Aサイト(質問サイト)の質問タイトルが一覧表示されます。

  • Yahoo! 知恵袋
  • 教えて! goo
ラッコキーワードの検索結果 Yahoo!知恵袋 教えて!goo
出典:ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))よりスクリーンショットを取得。赤線は筆者。

Google トレンドを見る

この項目では、Googleトレンドのデータを基に、検索の傾向が表示されます。

ちなみに、Googleトレンドとは、検索のトレンドをチェックできるサイトです。

この項目を見れば、どの時期に多く検索されているか等が分かります。

ラッコキーワードの検索結果 Googleトレンド
出典:ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))よりスクリーンショットを取得。赤線は筆者。

周辺語・連想語を見る

入力したキーワードの周辺語・連想語を見ることが出来ます。

関連する記事のネタ等の参考にできますね。

ラッコキーワードの検索結果 周辺語・連想語
出典:ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))よりスクリーンショットを取得。赤線は筆者。

2020年10月14日に新機能として追加されたようです。

■周辺語
週2回更新される最新の単語を含む辞書データとwikipediaの記事情報を基に機械学習を行い、関連性が高いと判断された単語を順に最大50件表示しています。

■連想語
wikipedia記事(キーワード)から、関連度の高い順にの最大50件表示しています。

出典:ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))

類語・同義語を見る

入力したキーワードの類語・同義語が表示されます。

入力したキーワードを、別の表現に言い換えるのに便利です。

ラッコキーワードの検索結果 類語・同義語
出典:ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))よりスクリーンショットを取得。赤線は筆者。

2020年10月16日に実装されたばかりで、ヒット数はまだ少ないです。

今後に期待ですね。

■類語・同義語機能の実装

検索キーワードに対する類語と同義語を表示する機能を追加しました。
キーワード検索後のサイドバーで「類語・同義語を見る」を選択していただきますと、ご確認いただけます。

出典:ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))

キーワードの取得(コピー・CSV出力)

一覧表示したキーワードは、コピー及びCSV形式での出力が可能です。

画面の右上にあるボタンから、キーワードを取得しましょう。

ラッコキーワードの使い方(キーワードのコピー・CSVダウンロード)
出典:ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))よりスクリーンショットを取得。赤線は筆者。

取得したキーワードをキーワードプランナーに貼り付ければ、検索数も分かります。

終わりに

以上、キーワード選定に使えるツール、「ラッコキーワード」の使い方を解説しました。

たくさんの機能がありますが、一度に覚える必要はありません。

色んなキーワードを調べながら、理解を深めてみて下さい。

キーワード選定の全体的な流れ知りたい方は、以下が参考になります。

以下のメルマガでは、ネットビジネスで自由になるための情報をお伝えしています。

ストレスフルな毎日から解放されたい方は必見ですよ。

こんな記事も読まれています