この記事では、EWWW Image Optimizerの初期設定と使い方について解説します。

EWWW Image Optimizerは、画像の圧縮・リサイズが出来るWordPressプラグインです。

画像のファイルサイズを小さくして、サイトを高速化できます。

ぜひ、インストールしておきましょう。

EWWW Image Optimizerの初期設定

まず、EWWW Image Optimizerをインストールします。

インストール方法はこちら

インストールしたら、「ダッシュボード」の「プラグイン」をクリックします。

プラグイン一覧にあるEWWW Image Optimizer を探し、「設定」をクリックしましょう。

EWWW Image Optimizerの初期設定 手順1 インストール済みプラグイン
出典:WordPressダッシュボードのスクリーンショットを取得。赤線、モザイク処理は筆者による。

「メタデータを削除」にチェックを入れる(確認)

EWWW Image Optimizer の設定画面が開いたら、設定に移ります。

まず、「基本」タブをクリックします。

そして、「メタデータを削除」の項目にチェックが入っていることを確認しましょう。

EWWW Image Optimizerの初期設定 手順2 メタデータを削除
出典:EWWW Image Optimizerにおける設定画面のスクリーンショットを取得。赤線、モザイク処理は筆者による。

ちなみに、メタデータとは、位置情報や撮影機材といった、画像についての情報です。

個人情報が含まれる場合もあるので、削除しておくのが良いです。

「遅延読み込み」にチェックを入れる(任意)

次に、「基本」タブの隣、「簡単モード」タブをクリックします。

「遅延読み込み」の項目にチェックを入れましょう。

EWWW Image Optimizerの初期設定 手順3 遅延読み込み
出典:EWWW Image Optimizerにおける設定画面のスクリーンショットを取得。赤線、モザイク処理は筆者による。

なお、遅延読み込みとは、画像の読み込みを遅らせる機能です。

通常、Webページが表示される際、Webページ内の全ての画像を読み込みます。

一方、「遅延読み込み」を有効にすると、表示される部分だけを読み込みます。

これにより、読み込む画像の数が減り、Webページの表示が速くなります。

「画像のリサイズ」の設定(任意)

続いて、「リサイズ」のタブをクリックします。

そして、「画像のリサイズ」の設定を行います。

この項目を設定すると、設定した値以上の大きさの画像が自動で縮小されます。

「幅の上限」と「高さ上限」に、任意の値を設定しましょう。

ちなみに、私は幅の上限800ピクセル、高さ上限0ピクセル(無制限)にしています。

EWWW Image Optimizerの初期設定 手順4 画像のリサイズ
出典:EWWW Image Optimizerにおける設定画面のスクリーンショットを取得。赤線、モザイク処理は筆者による。

補足ですが、リサイズ(resize)とはサイズ(縦横の長さ)を変更することです。

画像サイズを小さくすることで、画像の容量が減り、読み込みが早くなります。

「変換リンクを非表示」にチェックを入れる(推奨)

次は、「変換」タブをクリックします。

「変換リンクを非表示」の項目にチェックを入れておきましょう。

EWWW Image Optimizerの初期設定 手順5 変換リンクを非表示
出典:EWWW Image Optimizerにおける設定画面のスクリーンショットを取得。赤線、モザイク処理は筆者による。

この「変換リンクを非表示」とは、画像の形式を変換するリンクを非表示にするものです。

画像にはJPEGやPNGなど、複数のファイル形式があります。

非表示にすることで、誤変換による画質の低下などを防げます

「変更を保存」をクリック(必須)

最後に、ここまでの設定の変更を保存します。

設定画面の一番下にある、「変更を保存」ボタンをクリックしましょう。

EWWW Image Optimizerの初期設定 手順6 設定を保存
出典:EWWW Image Optimizerにおける設定画面のスクリーンショットを取得。赤線、モザイク処理は筆者による。

これで初期設定は完了です。

EWWW Image Optimizerの使い方

EWWW Image Optimizer の主な用途は、画像の圧縮(最適化)です。

既に初期設定を終えていれば、自動で圧縮・リサイズが行われます。

また、アップロード済みの画像も以下の2通りの方法で圧縮できます。

  1. 全画像を圧縮する方法(一括最適化)
  2. 個別に圧縮する方法

ちなみに、圧縮とは、見た目をほぼ変えずに、色の数を減らすなどすることです。

(リサイズとは異なり、画像の縦横の長さ自体は変化しません。)

これにより、画像のデータが小さくなり、読み込みが早くなります。

画像の圧縮(一括最適化)

まず、一括最適化を行う場合の手順です。

「ダッシュボード」のメニューから「メディア」を選択します。

そして、「一括最適化」の項目をクリックします。

一括最適化の画面が開いたら「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックします。

これにより、一括で画像を圧縮し、最適化できます。

圧縮した画像はもとに戻らないので、バックアップをとってから行いましょう。

EWWW Image Optimizerの使い方  一括最適化(圧縮)
出典:WordPressダッシュボードのスクリーンショットを取得。赤線、モザイク処理は筆者による。

画像の圧縮(個別で最適化)

また、高画質のまま残したい画像がある等の場合は、個別で圧縮(最適化)できます。

手順ですが、「メディア」をクリックして「メディアライブラリ」を開きます。

リスト表示(②)にすると、画像の左側に「今すぐ最適化!」の文字が表示されます。

「今すぐ最適化!」をクリックすると、選択した画像が圧縮されます。

EWWW Image Optimizerの使い方 個別で最適化
出典:WordPressダッシュボードのスクリーンショットを取得。赤線、モザイク処理は筆者による。

終わりに

以上、EWWW Image Optimizer の初期設定と使い方を解説しました。

初期設定を済ませておけば、自動で画像の圧縮・リサイズができます。

いちいち圧縮・リサイズする手間が省けるので、ぜひインストールしましょう。

以下のメルマガでは、ネットビジネスで自由になるための情報をお伝えしています。

ストレスフルな毎日から解放されたい方は必見ですよ。

こんな記事も読まれています