真面目すぎる性格を変えたいと思っていませんか。

私も、よく周囲の人から「真面目すぎる」と言われます。

過去には、性格を変えようと、色々と取り組んでみました。

しかし、今になって思うのは、その必要はないということです。

本記事では、真面目すぎる性格を変える必要がない理由を解説します。

真面目すぎる性格を変える必要がない理由

真面目すぎる性格を変えたいと思う理由は、何かの問題を解決したいからでしょう。

ですので、その問題が解決できるなら、性格を変えることにこだわる必要はありません。

例えば、次のような問題を抱えてはいませんか。

  • 真面目すぎるために他人から堅苦しいと思われ、親しくなれない。
  • 本当は楽しみたい場面でも、真面目に振る舞ってしまい楽しめない。
  • 必要以上に考え込んでしまい、疲れてしまう。

私は、こういう問題に悩んで、性格を変えたいとよく思っていました。

でも、もし性格を変えることができても、問題が解決しなかったらどうでしょう。

  • 急に雰囲気が変わったことで、他人に敬遠される。
  • 無理に明るく振る舞っているが、実際は余り楽しくない。
  • 考えないようにしているが、かえって心配になってくる。

せっかく、頑張って性格を変えたのに、一向に状況が良くならない。

そんなくらいだったら、真面目な性格のままで良かったと思うでしょう。

問題を解決できるなら、真面目な性格のままでも良いのです。

真面目すぎる性格と上手く付き合うには

経験的に、自分の性格ってなかなか変わりにくいと感じます。

真面目な性格を変えようとするほど、自己否定に陥るんですよね。

ですので、今の真面目な性格を生かす方が得策だと思います。

あなたの真面目すぎる性格と上手く付き合うには、次の2つを意識してみましょう。

真面目すぎる性格の長所・短所を理解する

まず、1つ目ですが、真面目な性格の長所・短所を理解することです。

真面目な性格の長所

本来、真面目という言葉は、「真剣」「誠実」といった肯定的な意味を持ちます。

 うそやいいかげんなところがなく、真剣であること。本気であること。また、そのさま。「真面目な顔」「真面目に話をする」

 真心のあること。誠実であること。また、そのさま。「真面目な人柄」「真面目に暮らす」

出典:真面目(まじめ)の意味 - goo国語辞書

真面目な態度は、人から信頼されるには大事です。

コミュニケーションを取る上でも、信頼関係は重要ですしね。

真面目な性格は、むしろ誇っても良いくらいだと思います。

世の中には、「もっと真面目になりたい」と悩んでいる人だっていますから。

真面目な性格の短所

一方、困り顔で「真面目だね」と言われる場合の意味は、少し否定的なように思います。

例えば、次のような意味ではないでしょうか。

  • 堅苦しい
  • 生真面目
  • 融通がきかない
  • 慇懃無礼(いんぎんぶれい)

真面目すぎる性格は、このように否定的に見られることもあります。

真面目な性格を嫌う人もいると認識する

このように、真面目な性格は長短あります。

そして、あなたに「真面目だね」と嫌味を言う人は、短所に目が行くのでしょう。

人には好き嫌いがあります。

真面目な性格を嫌う人もいるのだと思うと、少しは心が軽くなるでしょう。

これは憶測ですが、彼らは真面目な人との接し方が分からないのだと思います。

  • いつも形式張ったやりとりで、信用されていないと感じる。
  • 自分の冗談が通じないので楽しくない。
  • 発想が常識的すぎて面白くない。

あなたに合わせて、真面目に接すれば良いのにと思うんですけどね。

真面目な人でも、時間をかければ、そのうち打ち解けられるでしょうし。

確かに、お互いに寄り添う努力は必要です。

でも、真面目な性格を否定して、自分に合わせるよう強いるのは違うと思います。

例えば、「真面目な性格を直した方が良い」と言ってくる人がいると思います。

でも、その真意は、恐らくこうではないでしょうか。

「(その人にとって都合が良いから)真面目な性格を直した方が良い。」

要するに、自分の意見を一般論のように表現しているということです。

その人にとっては良いことかもしれませんが、あなたにとっても良いとは限りません。

「真面目な人の方が接しやすい」という人だっています。

ですから、彼らの発言を真に受けて、性格を変えようと考える必要はありません。

「真面目な性格を嫌う人も世の中にはいる」くらいに思っておきましょう。

無理をしすぎても、疲れてしまいますからね。

関連記事

受け入れてくれる人と過ごす

真面目な性格を嫌う人もいれば、受け入れてくれる人もいます。

あなたの真面目さを受け入れてくれる人たちと過ごすと、心地よく過ごせるでしょう。

私は、真面目な性格でも認めてくれる人達と出会って、そう思うようになりました。

昔は、真面目すぎる性格に対して、とやかく小言を言われて悩んだものです。

でも、ある時、所属が変わって、付き合う人も変わったんですね。

そうしたら、特に性格を変えたわけでもないのに、何も言われなくなったんですよ。

きっと、その人達は、真面目な性格でも気にならなかったのでしょう。

あなたは、普段の経験から、自分は真面目すぎると思っているかもしれません。

けれども、人によっては、面白い、楽しいと言ってくれることもあります。

私も、社交的だとか気さくだとか言われたことがあります。

そんなことは思ってもみなかったんですけどね。

でも、人の目には、確かにそのように映っていたのでしょう。

それに、あなたも、家族や親友などには、また違った顔を見せると思います。

同じ人でも、様々な側面を持っているものなんです。

ですので、真面目なところしかないと思い詰める必要はありません。

真面目な性格を気に入ってくれる人もいます。

また、真面目な部分以外の魅力を見出してくれる人もいます。

そういう人たちと関わることに力を入れてみましょう。

その方が、真面目すぎる性格を直す努力より、有意義だと思いますよ。

終わりに

以上、真面目すぎる性格を変える必要がない理由についてお話しました。

どんな性格も、見方を変えれば、良いとも悪いとも捉えられます。

あなたが真面目すぎる性格でも、特に変える必要はありません。

変える努力をするより、生かす努力をした方が、効率的だと思います。

自分も、よく真面目すぎると言われてきました。

でも、その分、人には頼ってもらえることも多かったです。

また、真面目に作業をこなせるのは、ビジネスの準備にも生きています。

あなたもぜひ、ご自分の真面目さを生かしてみてくださいね。

以下のメルマガでは、ネットビジネスで自由になるための情報をお伝えしています。

ストレスフルな毎日から解放されたい方は必見ですよ。

こんな記事も読まれています